事業等のリスク

有価証券報告書に記載されている事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。
パルコグループは、これらのリスクを認識した上で、事態の発生の回避及び発生した場合の対応に努める所存です。
なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成29年(2017年)5月29日)現在においてパルコグループが判断したものです。

1. 需要状況変動のリスク
パルコグループは、商業施設の運営をおこなっているショッピングセンター事業をはじめ、専門店事業、総合空間事業等を展開しています。経済情勢の悪化や消費税率引き上げなど税制改正に伴う消費マインドの低下・企業収益の低迷等による売上及び受注減少、冷夏・暖冬といった気候条件による季節的商品の販売不振等により、パルコグループの業績や財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
2. 自然災害・事故によるリスク
パルコグループは、国内外に事業拠点等を有し、国内主要都市にて商業施設を展開、運営受託等をおこなっているほか、国内各地の商業施設にテナント出店をおこなっています。これらの拠点は地震・火災等の災害や戦争・テロ・騒じょう行為が発生した場合、営業活動上支障が生じ、特に大規模地震が想定される東海地区・関東地区においてはパルコグループが店舗・拠点を有しているため、損害を受けることが想定されます。対策としては耐震補強の実施、大規模地震防災規程の整備・周知徹底や大規模地震を想定した店舗防災訓練を実施するなど、有事の際に損害を最小限に抑えるためのリスク対応体制の整備・強化を進めていますが、状況によってはパルコグループの業績や財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
3. 法的規制を受けるリスク
パルコグループは、事業活動を営む上で、大規模小売店舗立地法、中心市街地活性化法、都市計画法、建設業法、建築基準法等様々な法規制を受けています。今後、新規出店や増床の際などに法規制の対象となり出店計画・運営計画に影響を受けたり、事業活動に制限を受ける可能性があり、その場合はパルコグループの業績や財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
4. 業界・市場動向によるリスク
パルコグループは、綿密なマーケティングに基づき、商業施設の開発・専門店の出店をおこなっています。しかしながら、当初予期し得なかったような競合激化、マーケット状況の変化が生じた場合、店舗の売上や新規出店計画が影響を受ける可能性があります。そのような環境変化に迅速に対応すべく、店舗運営体制の合理化、スクラップ&ビルドなどをおこなっておりますが、状況によっては、パルコグループの業績や財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
5. 企業再編によるリスク
パルコグループは、当社及び国内外の関係会社が有機的に連携しながら一体となって営業活動を展開しています。 今後、新たに合併、営業の譲渡・譲受、関係会社の売却・整理等で企業集団の規模・事業領域が変動することにより、パルコグループの業績や財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
6. 取引先・関係先に関するリスク
パルコグループは、ショッピングセンター事業・専門店事業におきまして、土地・建物所有者等へ保証金・敷金を差入れています。また、総合空間事業におきましては取引先に対して売掛債権等を有しています。これらの取引先・関係先については与信管理を十分におこなっていますが、土地・建物所有者等の財務状況の悪化により差入保証金・敷金が回収困難になったり、取引先の信用状態悪化による債権の貸し倒れなどにより、パルコグループの業績や財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
7. 商品・サービス提供に関するリスク
パルコグループは、衣料品をはじめ雑貨・食料品を取り扱うほか、内装・建築工事の施工、ビル管理運営サービスの提供などをおこなっています。商品・サービスの品質管理、衛生管理には細心の注意を払っていますが、万が一、取扱商品・サービスの欠陥や不良等により顧客に損害を与える事態となった場合、社会的信用の失墜や顧客離れが生じることにより、パルコグループの業績や財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
8. 保有固定資産に関するリスク
パルコグループは、事業活動上、店舗用土地・建物をはじめとする事業用固定資産を保有していますが、事業収益・キャッシュ・フローの悪化や地価の下落に伴う減損損失の発生などにより、パルコグループの業績や財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
9. 個人情報管理に関するリスク
パルコグループは、営業活動上お客様の個人情報を保有しています。個人情報漏洩による企業経営・信用への影響を十分に認識し、各種規程・マニュアルの整備、社員への周知徹底、個人情報に関する認証の取得など、個人情報の管理体制の整備をおこなっていますが、万が一情報が漏洩した場合は、損害賠償費用の発生、社会的信用の失墜などにより、パルコグループの業績や財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
10. システムに関するリスク
パルコグループは、事業活動に必要な各種システムを、主に外部委託先のデータ・センターで管理しています。当該データ・センターは、耐震設計、電源・通信回線の二重化、自家発電装置、不正侵入防止などの安全対策を講じていますが、想定を越える自然災害や事故により、設備の損壊やシステムの停止、各事業所との通信障害が起きた場合、事業活動に支障をきたし、パルコグループの業績や財務状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。
Updated May. 29, 2017

ページトップへ